ゴルフスイングの基礎

ゴルフはクラブをスイングさせること

ゴルフはクラブをスイングさせてボールを打つ競技です。これが無ければゴルフは成り立ちません。このスイングというものがどんなものなのか、具体的に初心者の方でもよくわかるように解説してみたいと思います。

 

初心者の方がよく思い違いするのは、ゴルフのスイングは腕の力がないと遠くへ飛ばないと思っていることです。確かに絶対的なパワーの差は飛距離に現れますが、ゴルフスイングというのは力任せに振るものではないということを頭に入れておいてください。イメージとしては、肩を軸に振り子のように遠心力を利用してスイングするというイメージです。このあたりはボーリングなどとも似ています。ボーリングも腕の力だけで投げるのではなく、肩を軸にして腕を振り子のように使います。この方が狙ったところへ正確にコントロールできるからです。

 

ゴルフもこの原理です。肩を軸にクラブのヘッドを振り子の先と見立てて、自然にスイングさせます。こうすることによりボールの方向性が定まるようになります。この時大事なのがヘッドの向きです。

ボールに向かうヘッドの向きによってボールの行方が決まる

クラブフェイス(クラブヘッドのボールを叩くところ)のボールとの角度によって、右へ飛んだり左へ飛んだりまっすぐ飛んだりします。これは誰でも理解できることだと思いますが、頭で理解しても実際にボールを打ってみると思うようにはまっすぐ飛ばないことがわかります。常にクラブヘッドの向きを意識してスイングすることを心がけましょう。
もちろん、クラブヘッドの向きだけではなく、スタンス(立ち位置)の向きによってもボールの飛ぶ方向は変わってきます。これも十分に考えて練習することが大切です。