グリップの握り方

グリップ

もう一つのスイングの要はグリップです。
ボールを当てるクラブを握るグリップですが、ゴルフの技術の中では一番重要だという人もいるくらい、ゴルフプレイの中では重要な要素です。
グリップの握り方には、@ストロンググリップ、Aスクエアグリップ、Bウィークグリップの3種類がありますが、各握り方の違いは左手にあります。
まず、初心者はスタンダードなスクエアグリップをマスターするのが良いでしょう。

グリップの握り方

グリップの正しい握り方

グリップは左手から握るのが基本です。小指→薬指→中指の順番で握り、親指はクラブの中心よりやや右に来るように乗せます。この時小指、薬指、中指でしっかりクラブを握ります。次に右手をクラブの横から添える感じに握ります。この時左手の人差し指と中指の間に右手の小指を乗せるようにします。そして右手の中指と薬指をグリップに巻きつけます。この時も親指と人差し指にはあまり力を入れないようにして握ります。右手の親指のと薬指が伸びてしまっている人がいますが、力を入れ過ぎないとはいえ、右のイラストのようにきっちりとグリップを締めるようにしましょう。

 

グリップはスイングの基となる非常に重要なファクターです。これからゴルフを始める人はベテランの人や、初心者向けの教則本などを利用して、正しいグリップの握り方をマスターしましょう。