ゴルフボール ゴルフ用具の基礎知識/ゴルフ初心者ガイド

ゴルフボール

ゴルフボール

ゴルフはクラブもそうですが、ボールがなければ競技ができません。ゴルフボールは大まかに分けて、2層構造のものと多層構造のものとがあります。また中心部(コア)の部分と表面のカバーの材質によって価格や打感などが違ってきます。安価で一般的なボールは2層構造、表面のカバーはアイオノマーというのが一般的です。

 

プロが多く使用するボールは表面がウレタン樹脂を使い、中心部までのコアが多層構造になっているものが多く、値段も1ダース5,000円以上するボールもあり、かなり高価なボールということになります。

ゴルフボールの良し悪し

ゴルフボールの良し悪しは 基本的にスピン性能、打感、正確さ、飛距離 (芯をはずした時の距離も含め)、耐久性などで決まると言えます。
良いボールはボールの重心が芯々にあり、打った物理的力に正確に反応するボールが良いボールと言えます。正確に打っているにも関わらず曲がってしまったりしないボールということですね。高級ボールならこの辺の条件はすべてクリアしていますが、違うのはスピンの性能と打感ですが、このあたりは初心者にはわからないことなので初心者が使用するボールは高級ボールではなくてもOKです。

 

また一般的に言えるのは固めのボールはしっかり打てば遠くへ飛びます。但し、ヘッドスピードの遅い女性やシニアプレイヤーなどの非力な人は堅いボールでは逆に飛ばなくなっってしまいます。ヘッドスピードの遅い女性やシニアは表面の弾性の柔らかいボールを使用すると良いでしょう。

カラーボールの効用

カラーゴルフボール

初心者の方は打球が安定しないので、林に打ち込んだりロストボールも多くなりがちです。練習場の場合は良いですが、実際にコースに出てプレイした場合、ロストボールを探すのに手間取ったりして、一緒のプレイヤーや他のプレイヤーにも迷惑をかけてしまいます。こんな時カラーボールを使用すれば、自分のボールが遠くからでも認識できるし、林の中に入ったボールなどを探すのにも見つけやすいのでカラーボールを使用するのは初心者の方にはおすすめです。